<< 2日目ーー!!:美馬利恵子 | main |

無事に千秋楽を駆け抜けました

 

宮都謹次です。

魔界煉獄プルガトリオ、ご来場ありがとうございました。

千秋楽は自分的にはしっかりと踏みしめる様に挑めて、

田北くんの無名と斬鬼の関係性も納得がいく距離を描けたと思っており、

田北くんとも「これからなのに、もったいない」と話しておりました。

 

カーテンコールも4度と頂きまして、

その場で少しお話させて頂いた事なのですが、

えん魔さんは、この作品の執筆には随分悩んでおり、

完本までに時間がかかったことは、我ら役者を含めて、

衣装、小道具各人員には随分と肝を冷やしたのは間違いありません。

 

なので、ご来場下さった皆さんに、

楽しかった、面白かった、感動した、泣いた、

諸々称賛を頂ける結果を迎えれて本当に嬉しいです。

打ち上げの席でも、あちこちで、よかった!よかった!と言っておりました。
魔界煉獄プルガトリオは、群像劇です。

主人公はいるのですが、観劇したお客さん、はたまた出演している役者までも、

どのキャラの生き様に胸を打ったと感想が別れます。

えん魔プロデュースのダークファンタジーシリーズ全てに共通することです。

これを執筆し、連投しておる伊藤えん魔を凄いと思っています。

今回だけでも、サイン会などでも「スピンオフをよろしくお願いします!」

「続編が気になります!」など生の声を頂いております。

 

その中で、僕は斬鬼という鬼を演じさせて頂きました。

人であらずの鬼を演じ、

また唯一の人間無名と絡み向き合う場が多いだけに、

いかに人外の様に見せるか?

さらには魅せるか?にたくさんの工夫をしました。

初日以降多くの方に細かいところまでを汲み取って褒めてもらって、

また同じ座組の役者陣にもどうやってるのか?

と色々聞いてもらえたのは大変嬉しく、やりがいがありました。

僕のイメージの斬鬼がモンスター過ぎて?

もしくは作品の中の斬鬼がヒーローであることから、

少し自粛といいますか…

劇中どこかで入れたいと思ったけどやらなかった所作などもあるのですが、

えん魔さん含め共演者、お客さんに気にいってもらえて満足しております!

 

今回初参加の、

 

 

田北くんの無名と斬鬼、

 

井路端くんのミカエルと斬鬼、

馴染みの洋平の烏天狗と斬鬼、

と劇中を息を切らせて駆け抜けました。

 

魔界煉獄プルガトリオは終演しましたが、

是非にまた新作伊藤えん魔プロデュースでお会いできますよう

ご来場応援よろしくお願いします!

 


スポンサーサイト

  • 2019.11.09 Saturday
  • -
  • 23:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
関連サイト









selected entries
enma's twitter

categories
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM