<< ロミオ、ありがとう。:鈴木麻由 | main | アニソン・アベンジャーズ >>

才能と人格と

 

世間知らず、非常識でもいい。
子供だからこそ、ちゃんと感謝と謝罪ができる人に育てたい。
そう願って接するものの、
最後まで「有り難う」「ごめんなさい」
を言えずに去る子を目の当たりにするとさすがに脱力。
俺のやってる事に、一体なんの意味があるというの!?
なら、また1から教えよう。うん。

 

誰にでもできるし、
誰かがやらなきゃいけない単純な仕事を指示したら、
「自分には向いてない!

こんな事を割り振りされるなんて意味わかんない!」
と切れられる愚痴られる。
ならさー、君に向いてるー、得意なお仕事はなーに?

 

そんな連中が堂々重要なメイン役だったりするんだよなぁ。
我慢ができず、謝意もなく、
傲慢となった天才横綱達が引退に追い込まれる姿と重なる。
双羽黒、朝青龍、日馬富士。
みんな突出した才能があったのに。
人格が追い着かず結局…。はぁ、もったいねぇ。

 

結局、才能だけだと業績と哀れな印象しか残らんもんなぁ。
付き合いづらい孤高の天才は沢山いたし。
(ゴッホ、ヒットラー系)


才能に人格や努力が重なると敬愛される偉人になってるよね。
(チャップリン、坂本龍馬系)
生きてる時、きっと御本人の幸福度も桁違い。:笑

 

幸せってのは、才能より心が上なのだ。
これでいいのだ。
(パパ系→最終的に馬鹿の勝ちなのだ)

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
関連サイト









selected entries
enma's twitter

categories
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM