<< ダム愛 | main | 愛の戦士、いく。:長谷川健 >>

スタジオ哀歌

 

少し前、東京のジョーカーハウス連中と一緒に
よく稽古でお世話になった杉並区の「アトリエゼロ」さん。
こじんまりしてたが、新しくて清潔感があって、
俺はそのスタジオがとても好きだった。
オーナーの方も、たまに現場にいらしてて対応もさわやか。
駅からは遠かったけど、本当に素敵なスタジオだった。

 

俺が自分でスタジオ持つときにも、
そこのディスプレイや収納方法、機能美を大いに参考にさせて頂いた。
でも、ある時から予約がとれない。「?」
いいスタジオだから人気集中してるのかな?
と思ったら突然の閉鎖・・・!!??
理由を尋ねると
「心ない使用者の騒音、
ゴミなどのマナーが酷くて閉鎖するしかなくなった・・・」
との事。

 

もうー利用者側としては申し訳ないし、残念だし、
お世話になった施設の閉鎖があんなに辛いとは思わなかったよ。
実際、東京ですら、いい環境のスタジオは取り合いで、
稽古場所の確保がますます難しくなった。
ほんとゼロさんの閉鎖が残念で仕方ない。
アトリエゼロさん、有り難うございました。
いい場所をご提供くださって感謝です。
おかげでジョーカーハウスは良い作品を創れました。
御礼申し上げます。

 

 

で、

自分のスタジオをオープンする際、
「ここからいろんな作品、表現者が出ていく事になるのだじょー!
マナーも啓蒙していい人間を創る施設にするじょー」(ハタ坊風)
とちょっとした文化人の気分だった。

 

俺の受け継いだスタジオはかなり古くて時代遅れ。:笑
あちこちガタがきてて、まー手がかかるかかる!
建物は立派なくせに30年選手、もう何もかも古いせいで
今じゃ使えない電気機器のメンテ〜撤去〜入れ替え
雨漏り修理、床修理、壁貼り替え、家具入れ替え、
むき出しガラスを丁寧に埋めて防音工事に悪戦苦闘、etc
3ケ月くらい俺は補修作業にかかりきり。
仲間ダチ、後輩らも大勢助けてくれた。
すっかり俺達は建築屋みたいになって
「えん魔工務店」と呼ばれるようになった!

 

で、なんとか完成させてやっとオープンして2年。
はじめは使ってくれる人も少なくガラガラだったけど、
今では稼働90%の人気物件に。:笑
「古いけど綺麗で駅近くて快適!」と好評を得て
沢山の演技人、ダンサーにご愛顧頂いてる・・・筈です・・・。


んが、
利用者が増えるにつれ、マナーの悪い団体も増え、
最近はゴミ放置に
無断で設備使用(わざわざ倉庫から勝手に持ち出す)、
何か破損しても報告なし(ドアが取れてた…)、
ひどい奴だと、電球をあちこち入れ替えたり
(うちのLEDをパクって
持参した古い白熱球?にこっそり取り替える手口!)
トイレットペーパーまでごっそりもってったり…


何より、どうしても中程度の防音工事ゆえ、
過剰な大音量や集団絶叫は控えるよう当初から案内してるのだが
「そんなもん知らん!フルパワーでいくぜ!」
とばかりに大絶叫大爆音、
大騒ぎで稽古やらかす輩が出てきた。
普通の演劇、ダンスレッスンならなんの問題もないのに・・・。


気がつけば今、
俺のスタジオ経営大半の仕事は
近隣へのご挨拶と謝罪まわり。なんやこれ。
なんで非常識な馬鹿連中のために俺は日々頭下げて回ってんだ?
近所には古くから住まわれてる商店街のご老人が少数。
1日中お家にいらっしゃるようでマメにお叱りを受ける。:苦笑
俺も内心
(繁華街のド真ん中なんだからある程度仕方ないのでは?)
と正直うんざりもするんだけど、
迷惑をかけられてる人に罪はなし。
ただ誠実にお詫びするしかないし、
こっちが改善するべき事です。いつもすみませんです。
これも経営責任者の義務ですね。はい。


対策として
さらに再防音工事を進めることにしたが、
元々古い建物ゆえ限界があるし。
ほんと、頭痛いぜ。


各利用者さんがマナーさえ守って、
適度に稽古してくれてたらこんな事しなくてもいいんだけど。

 

いいスタジオってのは本当に有効だ。
俺プロデュースとしても、大いにメリットがあって、
広い本番ステージと同じ広さで稽古できるのは超有効。
事前のシミュレーションが実寸で完璧なおかげで
劇場入りしてから役者の混乱が劇的になくなった。
劇だけど劇的に向上!
良好な稽古環境は重要だなー、と再認識。
ほんと大事。
ここが存続できて、
いろんな作品のクオリティがあがる事を祈るばかりだけど、
同時にアトリエゼロさんの苦渋が胸に去来する。
なるほど、こういう事だったんですね・・・。

 


俺達のそんな思いや苦労を知らず、
つい最近も人気の若手劇団様が大騒ぎやらかしてくださいました。
お前さん達はいい環境ではっちゃけさぞ気分よかったろうさ。
同時間、俺は殺到する苦情に謝りの対応、
商店街組合や当局に出頭して事情説明とお詫びの嵐。

 

もうダメかもしれません。心折れそうだよーん。
閉館すっかなぁ。もう。あはは。

 

実直で常識と節度ある劇団やダンスチームが
まだまだ日の目を見ずに努力を強いられる一方、
他人の善意を踏み台にして気遣いすらもない非常識連中の
「我こそ脚光あびる才能なり! イエーっ!!」
みたいな作品ばかりに客が集まってる様な気がする。
実際、問題起こす団体ほど、その名前をよく聞くしな。

 

そういう連中に限って時間にルーズ、
「ヘラヘラ〜、割り引きしてくださいよー」とぬかしやがる。
あほか。
てめーらなんか二度と使わせるか。
なめんな。ぼけ。
いつか世界中から出入り禁止くらうがいい。
自分の住処を自分自身で住めなくする愚か者らめ。

 

でも、
もう芸能の世界、とっくにくるとこまで来てるのかなぁ。

 

芸能人なんて、
お客様に感謝、裏方さんに感謝、
こんな仕事を応援してくれる家族仲間に感謝、
環境に感謝、健康に感謝、
何より平和な世の中に、時代に感謝しかねぇだろ。

 

と、ちょっと色々疲れてる俺です。
SNSでの愚痴なんて意味ねぇけど、
失礼しやした。

 

お耳汚しにお目汚し、ほんとすみません。

 


コメント
若い頃の方がずっと気楽だったでしょうか。
でも今の伊藤さん方がずっと素敵ですよ。
と、若い頃を知らない私が言うのを何ですが。
きっとそう。絶対そう。
  • 13棟
  • 2016/10/19 1:31 AM
>13棟
だといいんですがねぇ。
有り難うございます。
  • 伊藤えん魔
  • 2016/10/24 11:19 PM
いつとお世話になっております。
ルールを守って使用しているつもりですが、何かございましたら遠慮なくおっしゃって下さい。
  • 劇団時の旅人
  • 2017/02/03 7:32 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
関連サイト









selected entries
enma's twitter

categories
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM