ホイールと鉄粉とスポンジダイヤモンド

 

この前の台風でガレージ周りが痛んだのと、
お友達の神カスタマー中川氏の銀ピカ愛車写真に感化され
久しぶりに駐車場&車を洗ってあげる。
(もっと洗ってやれ)

 

大好きなケルヒャー高圧洗浄機でも
「タイヤホイールの鉄粉汚れ」はしつこくてまー落ちない。
高圧水でかなり落ちるが、まだザラザラぶつぶつ。

 

で、ふと思いたつ。

「PUBばぁ」クリーニング作戦の時
台所とか窓サッシのしつこい油汚れ用に買った
「ダイヤモンドパッド」=ダイヤモンド粒子加工スポンジ
とクレンザー。
このコンビが40年ものの汚れを除去したことを。

「もしかしてホイールにも使えるんじゃねのかなー」と
なんとなーく試しにぬりぬりゴシゴシ。

 

ん?
スポンジの向こうに感じるザラザラ感が消えるぞ?
ツルツルしてきた。
仕上げにケルヒャーで水荒い。
瞬時に汚水が流れると……

 

 

…って、ピカーーーーー!!!???
すげーーー!!!!

今まで、散々苦労してきた鉄粉汚れが完全に消えた!
愛車家として30年、ずっと格闘してきたがナニコレ!?

 

----------------------

 

1 車屋さんで売ってるホイール洗剤=
「鉄粉スー●ーバイオレットなんちゃら」
・鉄粉を化学反応分解させて紫色に溶かず。イマイチ。
「カーピカなんちゃら」
・吹きつけ泡立ちまくるも結局落ちないスプレーとか。
「クリ●ビュー」「ガラ●」
・窓用クリーナーがいいと聞き試すもデマだったボケ。

 

2 「マジック●ン」=
油汚れは強力に落ちるが溶け出た汚水が新たにこびり付いてアルカリパニック!
台所最強だが車に向いてないだけだった。

 

3 酸性〜中性〜アルカリ性 各洗剤の循環攻撃=
交互に使うといいと聞く。が、考えれば「混ぜるな危険」の境地。変な煙が出て逃げた。

 

4 割り箸で物理的にこそげる=
木なので金属に傷はつかないし確かに落ちる。が、1日がすぐ終わる。朝からはじめ夕方、カラスに「アッホー」と言われた。

 

--------------------

 

等々、もうホイールだけは素人には無理だと諦めてたのよね。

しかーし!
やっといい方法が見つかった。
…気がする。
しばらくはこの方法でやろう。

 

※もしかして、その筋では当たり前の方法かも。
※逆になんかホイール鏡面には良くないから禁じ手だったり。


台風被害

 

物凄い暴風雨。
建物中がガタガタ鳴るので点検。
今日は俺の愛車がよく見えるなぁ、
と思ったら駐車場の屋根が飛んでいた。

 

※写真はイメージです!


視点を変える

 

世界一身長の高いバオさん246cm。
でもスポーツは苦手、他の仕事もなかなか順調にいかない、
そんな自分は役立たずとお悩みだったとか。

 

だが視点を変えて彼が挑んだ仕事は
「普通の人には手が届かないモノを取る」事。
異物を呑んでしまったイルカのお腹からゴミを掴みだし、
関係者から大感謝されてるとか。

 

視点を変えるのってほんと大事。

 


近況なのか?

 

ひさしぶりの友人から連絡がはいる。
ダチ「細菌どうしてる?」
俺「たぶん腸内で活発にしてるぜ」
ダチ「なんでやねん!wwww」

 

いや、お前の方こそなんでやねん。

 


お掃除マスター

 

片付け好きとして、
当然、片付けカリスマの近藤麻理恵氏は俺のアイドル。
「ときめきキュン♪」


断捨離のやましたひでこ氏が坂本龍馬。
「古いもんは全部捨てるぜよ」

 

 

されど!

もっとも敬愛してるのが
羽田空港清掃管理者:新津春子氏。


もう俺の心のヨーダ。
お掃除フォース・ジェダイマスターである。
(勝手に弟子入り済み)

 

自分の現場において
若手指導で辟易としたら
氏の出演する録画番組等を鑑賞。
「若い人には
10教えて1わかってくれたらいい」とおっしゃる。

 

他の清掃員がサジを投げた汚れの酷い場所を、
深夜までたった一人、
しかも終始笑顔で作業に取り組む新津氏。

「絶対無理だろ!」レベルの汚れが
朝にはピカピカに。
この境地にはほど遠いなぁ…

 

俺はまだまだ
「10教えて10わかって欲しい」のだろう。未熟。

自分を恥じるホーパー。
(呼吸音:ダークサイド落ち)

 


秋本公演「イカロス戦記」

告知(大阪)■

伊藤えん魔プロデュース
『イカロス戦記』

大阪=2017年11月3日(祝)〜5日(日)
:近鉄アート館

9/16(sat) 10:00~ 予約受付開始

http://www.fantoma.info/icarus/index.html

 

----------

「半翼の子 止まるな 汝は美しい」

古、遥か古、遥か遥か古、
翼ある種族が住むエデン(最後の楽園)と呼ばれる国ありき。
エデンの民は、空高く飛び、木山の頂に咲く花を食べ暮らした。
そこで生まれしは異形にして半翼の子、名はシレウス。

空も地も海も滅ぶ時、世界は未曾有の戦火に覆われん。
シレウスは界を変える最後の術を選ぶ。

 

 


夏と共に去りぬ

 

あの全身腹式発声のセミ達が一斉に静かになったね。
連中と共に夏も去りぬ。

 

蝉の命は1週間って印象が強くて、
パッと生まれてパッと散るイメージだが、
あいつら地中で7年も暮らしてんだよな。
俺的には連中が土の中で
「地下楽しー!ヒャッハー!」ともぞもぞ楽しくやってるようで
7年7日分羨ましい。

 

舞台俳優の幼虫が7年も下積みして
一世一代の初舞台に立つ事考えたら
そら派手に喉も命も枯れよと声出すだろうなぁ。

 

声が小さく存在感の薄い奴は
土の中での修行が全然足りてねぇのかもなー。

 

 

 


PUBばぁ にて



美しく小綺麗にリフォームした
「しんご店:PUBばぁ」でちょい飲み会開催。
 

 
宮都謹次、南光、よしひろ、俺というレアなメンツ。
貸し切りで呑み歌う贅沢。
全員が久しぶりのカラオケ挑戦。あはは。
 
 

 
俺はARB、謹次はオリラブ&アニソン、
よしひろは謎の演歌、南光はディスりソング(?)。
9時間くらい騒ぐ。あほか。
たまにはこういう楽しい席もいいよね。
 

 
昨夜は田村谷屋も来てたらしい。
役者連中はみんな義理堅いよ。うん。
 
もっともっとにぎわって繁盛しろー。
 

 

えんまり流片付けの魔砲 3

 

えんまりによる「しんごのお店 かたづけリフォーム」完了。

3日かかったが満足。ざまみろ。

 

↓とにもかくにも下の写真がアフター全貌。

出し惜しみせず
まずはスッキリした生まれ変わった「PUBばぁ」全貌である。

 

↓このカウンターがもう訳わからぬ腐海だった。

特にキッチン奥! よく見えてないかもしれないが
真っ暗闇の棚にはなぜかコンロや食材酒ストックが山積み。
通路で「客によるセルフサービス方式のビールサーバ」を
本来あるべきカウンター端へ移動。
うまく納まった。
そしてあいたメタルシェルフ台をキッチンのコンロ台に流用。
突っ張り棚を新設、電子レンジを収納して機能力アップ。
はげた床と家具全般を黒で全面塗装。
足下を引き締める。
あちこち散乱した酒は当然再整理。
おやつスナック類は別につくった棚に収納。

ざまみろ。

 

入り口すぐのカラオケ映像セットの配線をまとめてやりなおす。

不要な配線はすべて撤去。
なんでカラオケ業者は
素人には使いにくい超複雑な結線をわざわざ引き回すのか謎。
(メンテも自社発注させるためにあえてか?)
必要ないコードは全部ぶった切る。
シンプルでわかりやすい。これなら誰でも扱えるだろう。
無駄にでかかったフロアの酒ストッカーを
スーパー電ノコで
110cm→85cmにリサイズ。
シャインーン!
写真でわかると思うが
「一升瓶でもまだ上の空間があまるでかさ」2段。
それをカウンター機能以外として
二人の客が座って飲めるサブテ−ブルに改造した。
便利。
一升瓶&720ml瓶が
ぴったり納まる高さに切って全体リフォーム。
見栄えもよくなり「なんと言う事でしょうコンパクト」に。
ざまみろ。

 

 

↓通路反対側からの撮影。

でかい棚にサイズの合わない荷物置きを配置替え。
昭和臭のプンプンする絵画の代わりにメニュー黒板に変更。
レトロ絵画はトイレ内外に全員集合してもらう。
マスターしんごが「捨てたくないー!」と泣くゆえ
ごちゃごちゃした飾り物軍は
空調奥下、トイレドア上に作り付けた飾り棚にまとめて引っ越し。
通路は1・3倍広くなったぜ。
ざまみろ。

 

↓トイレ周りも俺の相棒ケルヒャーのスチームクリーナーで完全消毒。

ださいトイレマークを隠すとちょいオシャレな感じになった気がする。

年中飾りっぱなしだった

クリスマス狂乱をあおるハートエアバルーンは廃棄

(しんごは最後まで抵抗)

さらに麦球ライト線も一端お休み収納へ。

(しんごあきらめて撤去許可)

ざまみろ。

 

↓客席の目前を塞ぐ得たいのしれないCD、DVD、本、灰皿の山。
この席じゃ飲めねぇだろが!
半数は廃棄、捨てられない分はしんご自宅に引き上げさせた。
酔客のいたずら書き、期限切れのチラシ等は全捨て。
おみやげや下ネタおもちゃも半捨て。
壊れてたハーマンのスピーカーを修理して展示稼働。いい音じゃん♪
どうせまたいろいろ増えるだろうから、一端これでリセットって事でいい。
ざまみろ。

 

まーいろいろあったが、乗りかかった船、入りかかった店。

見えてないが、エアコンの清掃メンテ、引き出し内部整理、
半壊してた家具修復&再塗装、カウンター下の作業環境の徹底見直し、
酒瓶再編成(キープとショット売り、新品在庫、空瓶置き場)
その他もろもろ。俺的にやれる事は全部やったったった。

心残りはカウンターの塗装修復。

ほんとは全塗装までやりたかったんだがな。

が、他人がそこまでやる意味もないゆえ一端ここまで。
(「ここまででも十分意味不明」との談)
手伝ってくれた長谷川橋本中島お疲れさん。
終わって見れば、客は4〜5人収容増可能となり、
営業導線&環境も格段によくなったと思われる。
↓それでも! 笑顔で感謝を繰り返すしんごで全部チャラ。
商売繁盛しろよ。
別に頼まれた訳でもない、俺の一方的強制おせっかいである。
んが、
片付け&リフォームはプチ演劇&劇場造りのようで楽しいのである。
ざまみろー。

 

 


えんまり流片付けの魔砲 2

 

大阪ミナミにあるしんごの店
「BARばぁ」(超場末のスナック感1000%)
を片付けてきたぜ。

 

 

 

 

 

 

予想以上に手強く、
1日では終わらなかったがあらかた片付けた。
残りは近日作業予定。

 

 

 

 

 

 

「捨てられない症候群」
の溜め込みキングしんごを鼓舞し
大量のボトル、グラス、灰皿、DVD、CDを仕分け。
(灰皿だけでなんか70皿!?)
得たいのしれない飾りを断捨離。
なぜか3機もあるコンロを二機に減らし、
動かなくなった冷蔵庫を引き取り、
壁&カウンターをマジックリンで拭きまくり
完全に目詰まりしていたエアコンを丸洗いし、
新しくディスプレイ棚を造りつけ、
カラオケセットを再配線し、
(アキラのテツオが変身してる風電気コード類)
トイレをスチームクリーニングしまくったったった。

 

 

 

 

「人生がメキメキ片付けの魔砲」
の提唱者:えんまりの活躍を待て。

 

 

 

 

カウンターのみビフォーアフター公開。

■左:魔窟と化した旧カウンター

■右:クリアな新カウンター&NEW棚

 

 

 

 

 

 

 

 


次は最大の強敵
「油田換気扇と腐海食品ストッカー」である。

 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
関連サイト









selected entries
enma's twitter

categories
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM